事故車の定義を知っておこう

事故車=修復歴車?事故車って結局なに?

事故車というのは、言葉そのものでは”事故を起こしたことがある車、事故を起こされてしまった車”となるのですが・・・修復歴車の定義でいう事故車というのはコレとちょっと違うんです。

 

実際には事故を起こしていないけど、修復歴車に含まれないという不思議な車もあります!

 

事故車・・・災害や事故に遭った経歴を持つ車のこと。
修復歴・・・車の骨格部が壊れて交換や修理をした経歴を持っている車のこと。
修理歴・・・特定した部位なしに修理をした経歴を持つ車のこと。

 

 

修復歴車の定義について

修復歴車の定義は、1997年自動車公正取引協議会、日本自動車査定協会、日本中古自動車販売協会連合会、自動車販売協力連合会4つの団体が中心になって定められたものになります。

 

修復歴車は事故の有無に関わらず骨格の部分(フレーム)の交換や修理、修正、修復をした車のことを言います。

 

つまり、ボディから外側の部分は修理や交換をしても修復歴有りにはならないんです!例えば、事故を起こしてミラーだけが壊れたので交換をしたという場合は事故は起こしているけれど修復歴無しになるんです。

 

・フレーム
・フロントクロスメンバー
・フロントインサイドパネル
・ダッシュパネル
・ピラー
・ラジエータコアサポート
・ルーフパネル
・トランクフロアパネル
・ルームフロアパネル

 

これらの部分に損傷がある場合、修理した跡がある車は全て修復歴有りになります。これ以外の場所は、修復・交換しても修復歴には含まれません。

 

この修復歴車についてはたびたび改変されているので必見ですね!

 

 

事故車じゃない車って?

以下のような場合は事故車ではありません!

・車庫入れに失敗してスリキズを作ってしまった
・ドアがへっこんでしまったからドアを交換した
・エンジンが不調だったから交換をした

 

こういった場合は事故車(修復歴有り)にはならないんです。

 

スリキズやエンジン交換など、ボディ部分には異常がないと事故者扱いにならないんですね~。

 

ですが、査定をする際にキズがあるとマイナスポイントにはなるのでこのマイナスポイントを減らす為にキズを修復するのはアリだと思います。

 

というか、スリキズを修復しても修復歴有りにはならないので、錆びの原因にもなってしまうので早めに修理をするのがオススメです!

 

 

事故車を修理?それとも売却?

廃車寸前!とか、もうグッチャグチャでどうしようもない!という車じゃない限り、修理をすればまた乗ることは出来ます。が、今後車を買い替える予定がある方はその修理、ちょっと待ってください。

 

修理をするということは、時間も手間もお金も掛かる上に売却査定をするときにその金額も期待出来ない可能性が。

 

というのも、修復歴有りの車になってしまうと修復歴無しの車に比べて圧倒的に低い金額を提示される事が多いのです。売却する価格よりも、修理代の方が高かった・・・!という事も。

 

ですが、修理をする前にそのまま売却をするとプラスになることもあるんです。

 

というのも、事故車を専門的に取り扱っている業者を利用すると普通の中古車を扱っている買取業者よりも高く買い取ってくれるということもあります。

 

 

損傷が激しく、どうしようもなさそうな車でも分解してパーツとして輸出することもあるので安心してください!

 

 

事故車の定義を知っておくと査定で損することはない!

中古車を売る際に査定を依頼することになると思います。

 

そこで査定士が「これドアを交換しているので事故車ですね~」となったとき、「そうなんですよね、一度事故を起こしているので修復歴有りですよね?」なんて言い方をしてしまうと修復歴有りという事にされ、価格を下げられてしまいます。

 

でもそこで「ドアは交換済みだけど、ピラーまでは行ってないんですよね~」って言うと査定士は”コイツ知ってるな!”ということで修復歴有りとは言ってきません。

 

基本的に査定士は何が修復歴有りで何が修復歴に含まないのか知っているのですが、営業マンは事故を起こしている=事故車=修復歴有り、と思い込んでいる人も多いです。

 

ですので、事故を起こしたことがあるオーナー、どっかしらを交換or修理したことがあるオーナーは何が修復歴有りになるのかならないのかを査定する前に一度確認しておくようにしましょう!

 

 

まとめ

事故車って厳密に言うと”修復歴車”と言います。査定士は事故車という言葉を使いません。(分かりやすく説明する為に、修復歴車を事故車と呼ぶことはあります)

 

車の骨格部分が一箇所でも交換or修復されたことがある車は全て修復歴車となり、買取価格が大幅ダウンしてしまいます。

 

が、事故を起こしていても骨格部分を交換or修理していなければそれは修復歴車とはならないので、価格が下がるということはありません。(キズなどがあればそれはマイナスポイントになってしまいます)

 

 

ここでしっかりと事故車の定義を知っておくと査定時に安く買い叩かれるということはありません!ですので、是非この機会に事故車・修復歴車についての定義をしっかりとチェックしておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です