カルピス大好きM子のウォーターサーバーコラム

中華料理店のウォーターサーバー

先月、デパートの中華フェスタに行って参りました。
私はこういったお祭りが大好きです。
美味しいものを売ってたりセールをしていたりオープン記念だったり。
友人や家族と見るのも活気ある場所へ出向くのも楽しいですよね。

 

人混みでゆっくりは見て回れませんでしたが、
広いスペースを使って中華料理を出してくれるお店があってそこでお昼ご飯を食べました。
本格的なレストランが出すようなしっかりしたメニューが並んでいてどれも迷ってしまうものばかりでした。
点心、回鍋肉、エビチリ、チャーハン、酢豚、北京ダック。

 

今思えばお家でも作れるような料理ばかりを注文していた気がします。
勿体ないと思いつつも家でも作れるよう事前調査といったところでしょうか。
私は料理が上手とは言えませんしグルメな舌とも言えないですが、家族と美味しいものを食べるのが幸せです。
主人と子供も各々好きなものを頼み、頬が落ちるかのような絶品を楽しんできました。
なんだかんだと想像以上の量が胃袋に入りました。

 

そして帰りがけの車で気付きました。
蒸野菜や肉まんの皮ってお店と自宅でそんなに味の違いは出るのでしょうか?
野菜は産地まで分からないですが、肉まんの皮すら甘みがあって美味しいのが不思議に感じました。
原点に却ってみると水が違うのではないか。
そう思って自宅にあるウォーターサーバーを用いて家で作ってみました。
クックパッドで人気のレシピをお借りして挑戦です。

 

最初に作ったのは生地にウォーターサーバーの天然水を入れて水道水で蒸したもの。
二回目に作ったのは生地も蒸すための水もウォーターサーバーの水で。

 

私は受け皿にお水を溜めてレンジに対応した蒸し器ごとチンして蒸します。
最初からウォーターサーバーのお湯を使うと蒸す時間を短縮できる上にお湯の量もさほど必要ではありません。

 

さっそく主人や子供と食べ比べて確信しました。

 

野菜や小籠包も蒸すときの水が違うと最初の一口から皮の味が変わります。
水道水のカルキは思った以上に匂うのです。
その匂いがずっと容器の中で蒸発しているため小麦の風味より雑味が勝っていました。
具も一緒に食べてしまえば分からなくなっちゃいますが
最初の一口と鼻に近づけた時の匂いって美味いか不味いかの印象が決まる瞬間だと思うのです。

 

味のつけていない食材が甘く優しい風味になるのはやはり水の差でした。
無味無臭のように感じていた水でも匂いは移ります。
お水の種類はまだ詳しくないですが、我が家のウォーターサーバーは店舗に聞いたところ軟水だそうです。
天然水より軟水が一番癖がないようですね。

 

私の勉強不足かもしれませんが、スーパーで買ったお水は軟水という表記もあり鉱水と書いてあります。
軟水なのか硬水なのか、鉱水という別の種類があるのか混乱してしまいました。
ネットで調べてみてもよく分からず。
飲み比べると味が全然違ってウォーターサーバーのお水の方が美味しいです。
実際、市販の安いお水だと味が左右しますがウォーターサーバーのお水は値段と味はあまり左右されない傾向にあると思います。
難しい成分の事情もよく分からないですし確実に美味しいのはウォーターサーバーだと感じました。

 

こんな風に意識する場面が今まで無かったけれど、毎日必ず口にするものなので
安心出来て美味しい水で幸福感を高められるならウォーターサーバーが良いですね。
汁物などの喉越しや飲みやすさが思っている以上に違うのです。
果物とシロップを入れただけのゼリーも水道水では味が邪魔されているのが分かります。
それと乾物を戻すのも素材が水を吸うので水道水じゃなく専門店から調達する水がお勧めです。
まさにウォーターサーバーさまさまな生活を実感しています。

 

一昔前までは家庭にウォーターサーバーがあると「買えるだなんてセレブだなぁ」と思いがちでしたが、
今はスーパーでペットボトルのお水と同じような値段しか掛からずに
ウォーターサーバーまるごとを専門店でレンタルできる時代でもあります。
なにより有難い事に定期的に届けてくれていつも新鮮です。
予備としても年間置いておけますので災害にあった時も貴重な水が保存しておけます。

 

プロの料理人でなくとも家族にいつでも「ママの料理は最高だ」って言って欲しいものですね。
因みにうちのウォーターサーバーはウォーターサーバー 最安値で紹介されていたウォーターサーバーの中で
一番安いウォーターサーバーです(笑

 

ウォーターサーバーおすすめで比較検討もさせてもらいました。
電気代や水の成分に関して詳細に書かれているのでとても参考になりました。

 

 

皆さんにゼヒ行って欲しいことがあります。それは水を飲むことです。私は水を飲みだしてから、自分の体が良い方へかわっていくのを実感しました。なので強くおすすめします。私はもともと冷え性体質で、防寒対策はしっかりしていたのですが、体質ですから根本的な解決にはなりませんでした。冷え性は便秘や、老化の原因に密接に関与しており、体が温まるだけで、血流はよくなり肌にハリがでて、若くみられるのだそうです。でも、冷え性はなかなか治らないんだからしょうがない、と諦めていました。そんな私が、ある人に出会って変わったのです。その人は私と同い年で、私の友人の友人でした。話が合いそうだからと食事に一緒させてもらったのですが、彼女は凄く綺麗でスタイルもよくて、骨格も華奢だったのでもともと太らない体質の人なんだろうな、羨ましいと思って見てました。ところが詳しく話をするとその人がそのスタイルになったのはつい最近の事で、半年前までは結構太っていたというのです。私は信じられませんでした。骨が細いのだから、肉もつかないだろうと思ったからです。でも実際に私の友人はその当時の彼女を知っていて、「今だから言うけど確かに太っていたよね」と話すので本当なのだと信じるしかありませんでした。ですが、今私の目の前にいる彼女は痩せていますし、半年でそんなに変われるものなのでしょうか?何か危ない事でもしているのでは・・・と思いましたが、彼女がしていた事は、エステの痩身に通うこと。そして、これがとても大事な事なのですが「白湯を飲む」という事でした。白湯とは、ただのお湯です。何も味のしないお湯です。彼女は白湯を飲む習慣をつけてから、はっきりと効果が出てくるようになったといっていました。彼女は痩身エステに通っていたのですが、時々行うだけのエステでは、やはり限界があるらしく、効果をあげるには毎日の内側のケアがとても大切だと言われたんだそうです。そこで、白湯を飲むことをすすめられたのだとか。彼女は私と同じ冷え性体質で、血行が悪く、体の老廃物がとても溜まっている状態だったんだそうです。それを白湯を飲む事で体があたたまり、徐々に冷え症や、血行不良が解決していったのだとか。勿論すぐすぐにではなく、効果を実感し始めたのは2、3カ月ほど経ってからだそうです。ダイエットだけでなく、白湯を飲むと体があたたまり、体が温まると心が穏やかになり、イライラする事もなくなるので精神衛生上でもとても良いのだそうです。確かにストレスが溜まると、イライラして散財してしまったり、暴飲暴食に走ってしまう事がよくあります。彼女の場合は暴飲暴食に走るタイプだったので、太ってしまった原因はそれもあるのでしょう。けれどそれも体があたたまり心が穏やかになることで解消したそうです。私は純粋に凄いと思いました。半年間もきちんと続けた彼女もそうですが、白湯を飲むという、たったそれだけの簡単な事で体がそんなに良い方向に変わることに一番驚きました。それならば、私も冷え性改善のため白湯を飲む習慣をつけようと思い、早速自宅に帰ってから取り組みました。私は一人暮らしなので、ポットは置いていません。お湯が必要な時は電気ケトルで沸かすので、コップ一杯分だけケトルに水を入れて沸かし、沸騰したらコップに半分ほどいれて、あとは浄化水を混ぜてひとはだ程に温度を調整して飲みました。最初の感想は、「美味しくない」でした(笑)当たり前といえば当たり前ですが、普段紅茶やジュースを好んで飲んでいる私には、無味=不味いでした。それをコップ一杯飲むだけでも、ちょっと大変だなと思ってしまうほど。でも、飲み終わると確かにお腹のあたりが仄かにあたたかく、少しだけゆったりとした気分になった気がしました。その後も、一日三回は必ず飲むことを目途にして続けていたのですが、不思議と飲む回数を重ねれば重ねるほど、だんだん自分から白湯が欲しくなってくるのです。味もしないのに・・・。体が温かいとイライラしにくくなるというのは、本当だなと思いました。仕事をしていても穏やかな気分でいられるので、不思議とその状態になりたくて白湯を求めてしまうんですね。おかげでめっきり紅茶やジュースは飲まなくなってしまいました。あと変化があったのは味覚です。私はもともとファストフードが好きで、濃い味付けが大好きなのですが、白湯を飲み始めてからというものの、あれ程大好きだったファストフードが、受け付けなくなってしまったのです。白湯を飲む習慣を始めてから二週間ほど経ったある日、仕事帰りに寄ったのですがそのあまりの味の濃さにビックリしてしまったのです。かわりにたまねぎスープとか、味が薄いけどダシが効いているような、奥深い味を楽しみたいと思うようになり、何故だろうと最初はわからなかったのですが白湯効果だったのですね。無味の白湯には、味覚をリセットする効果があるのかもしれません。これは、本当にイイかも…!と直感しました。しかし、この白湯を飲むという習慣は、飲もうと思ったら電気ケトルに水を入れて沸かし、それを浄化水で薄め…という手順を踏まなければならず、頻繁に飲もうと思うと結構な手間がかかってしまうというのが目下の悩みでした。電気ケトルが沸騰するのもどうしても数分かかってしまいますし、そのわずかな間特に何もせず突っ立っておくのもなんだか時間が勿体ない気がして…かと言ってたった数分なら何か作業をしようとしている間に経ってしまうから、開始しようとしていた作業の出鼻をくじかれてやる気が削げてしまうという状態になってしまうため、これから先もずっと続けるならいっそポットを買おうかと悩みました。一人暮らしの部屋にポットなんて…と思っていましたが、この頃の私は思い立ったら白湯を飲むという感じで割とこまめに白湯をとっていたため、ポットを買った方が精神的な負担と手間が省けると思ったのです。そして、早速ネットでポットの市場価格や、評判の良い品番を探していたところ、ページ上に出ている広告にふと目がとまりました。ネットの広告なんて、あんまり気にしたことが今までなかったのですが、その時表示されていた広告はその時の私にはとても興味を引くものだったのです。その広告とは何だったのか?それはウォーターサーバーでした。ウォーターサーバーの広告など初めて見かけました。いや、今まで私が気付かなかっただけかもしれませんが…ウォーターサーバーというと、よく病院やオフィスに置かれているイメージがあります。確かにいつでも新鮮なお水が飲めて、それも美味しいお水ですから、ウォーターサーバーが設置されていれば私は必ず一回は飲んでいました。しかしウォーターサーバーが置いてあるのはそういった企業内でなので、てっきりウォーターサーバーとは企業向けの商品なのだとばかり思っていたのですが、広告に表示されるという事は、個人宅でもウォーターサーバーは設置できるということなんだろうか?それは、ちょっとイイかもしれない…見てみると、そのウォーターサーバーの広告には、「送料0円」「手数料0円」「レンタル料0円」などの表記がなれており、送料・手数料は意味がわかるけどレンタル料とは??というのも気になり、ポットのページはそのままに、別窓表示でその広告のウォーターサーバーのサイトを開きました。開いて一番最初に驚いたのは、その会社のウォーターサーバーが、とある育児雑誌のランキングで一位を受賞したというバナーが出てきたことでした。その育児雑誌は誰でも知っている有名な雑誌ですが、育児雑誌とウォーターサーバーの関連性が全く分からず、なんで??と疑問符が脳裏に浮かびながらも、「ランキングの一位を受賞するほどここのウォーターサーバーは凄いんだ」という、なんだかよく分からないけれど何かが凄いんだなという感心と驚きがありました。まず、そのバナーをクリックしてみると、「なぜ、その会社のウォーターサーバーが全国のママさんに人気があるのか」という事が説明されてありました。読んでみると、育児中のママさんがウォーターサーバーを使うのは、割とポピュラーな事になっているそうです。その理由とは、”ウォーターサーバーを使うと、面倒な粉ミルクがとても簡単に、時短で作ることができる”という所にどうやらあるようです。私も育児をしたことがないので改めて調べて驚いたのですが、粉ミルクを作るには、まず哺乳瓶を殺菌するため、熱湯で哺乳瓶を消毒した後、その熱湯を一旦少し冷まし、粉ミルクを溶かす必要があるそうなのです。何故この手順が必要かというと、水には細菌が入っている可能性があるため、一度沸騰させて水そのものの殺菌をしないといけないのです。ですが、そのまま沸騰したお湯を使うと今度は粉ミルクの大事な栄養素が壊れてしまうため、一旦少し冷ましたお湯を使って粉ミルクを溶かさないといけないんですね。そしてそれを赤ちゃんが飲みやすい温度のひと肌まで冷ますため、冷水を中で混ぜるか、外側から流水して冷ますという、とても手間も時間もかかる手順を踏まなければならないのですが、ウォーターサーバーだと、冷水機能と温水機能がついているので、冷たい水も白湯もすぐ出す事ができるのです。そして、温水機能の温度が丁度使い勝手のいい温度に設定されているので、事前に哺乳瓶の殺菌さえしていれば、すぐに粉ミルクを温水機能を使って溶かす事ができます。さすがにそのまま飲ませると熱いので、溶かした後従来の方法で冷ましてもいいですし、もしくはウォーターサーバーの冷水を混ぜてちょうどいい温度にするのも手です。ウォーターサーバーのお水、特にコスモウォーターさんのお水は独自の衛生システムを使いウォーターサーバーのボトル内を無菌に保てるようなシステムを採用していますし、お水自体も厳しい衛生チェックを通ったものを採用しているので、沸騰させたりしなくても大丈夫なのです。また、同じ理屈で、冷水を混ぜても大丈夫だという訳です。大切な赤ちゃんが泣き始めて、ミルクを早く飲ませてあげたくても作るのに時間がかかってしまうのは、赤ちゃんもかわいそうですし、お母さんにも負担が大きいですよね。それに、粉ミルク=作るのが面倒という認識を持ってしまうと、お父さんも手伝うのが億劫かもしれません。ウォーターサーバーならそういった手間を限りなく最小限におさえられるため、赤ちゃんもゴキゲン、お母さんも作る手間が省けてらくチン♪、お父さんが手伝ってくれれば夫婦円満です。そういった点で、育児中のママさんにウォーターサーバーの重要が高まってるんですね。読みながら、なるほどなぁと思いました。便利な世の中になったんですねぇ。ちなみにコスモウォーターさんのウォーターサーバーがランキング一位になったのには他にも理由があり、その理由は私がコスモウォーターに決めた理由と同じなのですが、なんといってもコスモウォーターさんのウォーターサーバーは常日頃のメンテナンスがとてもラクなんです。まず、先ほども述べた通り独自の衛生システムを採用しているため、サーバー内の掃除は不要、メンテナンスも不要なんです!ウォーターサーバーを使う上で、割とここは気にされる方が多いみたいで、実際に個人のメンテナンスや、業者のメンテナンスを依頼しないといけない所もあるみたいなのですが、コスモウォーターさんはそれがいらないんです。手入れするとしたら、ウォーターサーバーの外側に飛び散った水滴の痕を拭くくらいですね。なので掃除に関してはほぼしなくて良いのがとてもイイです。また、次に考えるのはお水のボトル交換です。ウォーターサーバーがどんなものだったか想像してみると、お水ボトルはサーバー本体の上にのっかっていると思うんです。そう、お水ボトルが上にあるということは、お水が切れた時に、交換するために満タンのお水ボトルをサーバーの上まで持ち上げないといけないんですね。これは結構大変だと思いますよ。なんせ平均的なお水ボトルの規格は12リットル。つまり12キロあるんです。それを、ある程度の高さまで持ち上げないといけないのは、なかなかしんどいですよね。育児中のお母さんだったら、産後で体力が落ちていたり、常日頃の育児で疲れていたりして、あまり重いものは持ちたくないのではないでしょうか。お父さんに交換してもらえればいいのですが、そんな時に限ってお父さんは仕事中だったりするんですよね。けれど、コスモウォーターさんのウォーターサーバーは、お水ボトルの設置位置がなんと「下側」についているんです!しかも、お水ボトルを入れる用の「カゴ」がついていて、そのカゴのままウォーターサーバーに設置できるという、なんとも至れり尽くせりな代物なのです。実は私も、この画期的な仕組みには大変惹かれました。私は身長が平均より小さいため、お水ボトルの設置位置がウォーターサーバーの上部分にあると、ほぼ頭の位置くらいまでお水ボトルを持ち上げなければならなくなるのです。それだと腰を痛めるかもしれませんね。もし私がウォーターサーバーを使うのならば、やっぱりこういう配慮のされたものはとてもありがたく思うと思います。他にも、子供がイタズラでバーを押しても冷水や温水が出ないようにするチャイルドロックなど、細かい所への配慮が素晴らしいと思いました。ここまで知って、私は初めてウォーターサーバーというものについて詳しく知る事になりましたが、使い勝手を知れば知るほど、商品が欲しくなり、もうポットを購入するよりも、ウォーターサーバーを自宅へ設置する方が良いのではないか?という結論に至りました。ポットだと、飲むお水は浄化水の水になりますが、ウォーターサーバーなら天然水が飲めるのです。コスモウォーターさんでは天然水をいくつか扱っており、粉ミルクに適したお水からこだわりのお水など、自分に合いそうなものを選べるようになっています。私が利用したことのあるウォーターサーバーがはたしてコスモウォーターさんのものだったかどうかは分かりませんが、ウォーターサーバーで飲んだお水は皆等しく美味しいと感じた記憶があります。ならばコスモウォーターさんの天然水も期待できます。そして、お水の値段を見てビックリ。天然水の中には、500ミリリットルでも値段の高いものがありますが…こちらのお水は12リットルで二千円もしないんです!ということは、500ミリリットル計算でいくと単価80円前後…これならばスーパーで売られている天然水よりもお安かったりするのではないでしょうか?ウォーターサーバーを導入するのであれば、浄化槽の定期購入もしなくてよくなるかもしれない…ウチが購入している浄化槽が一本三千円程度だから…かなりおトクなのでは!?なんでもっと早くにウォーターサーバーのことを知らなかったんだろうと少し後悔するほどでした。しかも、広告に表示されていた「送料0円・手数料0円・レンタル料0円」ですが、ウォーターサーバーの本体は購入ではなくレンタル方式らしく、使わなくなったら返却するのだそうで、その為のレンタル料が無料という意味らしいのですが、それでは、本体代は無料、そしてその本体やお水の配送料も無料ということは…こちらが支払うのはウォーターサーバーのお水代のみ、という事になります。こんなに便利に使えるのに、本当にお水代だけで良いのでしょうか?と疑いたくなるようなサービスです…しかし、本当の事なのです。更にありがたいことに、コスモウォーターさんではウォーターサーバーの設置を運送業者さんが配送から設置まできちんと行ってくれるらしく、こちらで組み立てたりなどは必要ないというのだから、もう申し込むしかないと思いました(笑)そして、私はウォーターサーバーが到着するなりすぐにお水を試しに飲んでみました。感想は言うまでもなく、浄化槽のお水とは比べ物にならない程美味しかったです。とても口当たりがまろやかで、くさみなどもなく、するすると入っていくのです。試しに一杯、のつもりでしたが、一気に三杯飲んでしまうほど(笑)これなら紅茶やコーヒーなどもこのお水で淹れたとしてもかなり美味しい紅茶が飲めるのではないでしょうか。今までも十分お水を飲む習慣を続けてきて、効果に満足していましたが、これからはより、楽しくその習慣を続けていけそうです。本当にウォーターサーバーを申し込みしてよかったです。私は自身の体験から、お水を飲む習慣を人におすすめしていますが、もし今の現状でお水や白湯を続けて飲む事に抵抗がある場合は、もしかしたらその手間さや、お水の味が合わないのかもしれません。そんな事で体をキレイにする習慣が身につけられないのはとても残念に思います。もし、その習慣を身につけたい、でも試してみたけど続かなかった…という方は、一度ウォーターサーバーをレンタルしてみるのもいいかもしれません。私自身、ウォーターサーバーを申し込みましたが、本当に満足しています。お水は基本無味ですが、何故か「美味しい」と感じるウォーターサーバーの天然水。「美味しい」と感じられる事で、今まで苦だった事が楽しいものに変わるかもしれません。これからお水を飲む習慣を身につけようという方も、一度は断念してしまった方も、ゼヒ一度は試してもらえればと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む≫ 2016/06/22 14:53:22

私は実家の東北から主人のいる関西に嫁いできました。
度々地元へ帰りもしますが中々遠くて機会も少ないです。
そんな中、お姑さん方の配慮で敷地内で別に住居を構えて暮らしています。

 

世の中では付き合いが難しいと噂されていますが、実際に多いと思います。
育った環境や家庭のルールもそれぞれ違いますし私も常識人とは言えないところがあったりします。

 

お姑さんは足が悪く長い距離は歩けませんが、同じ敷地内なので気軽に行き来ができます。
私が妊娠した事もあって、お食事にお呼ばれされたり休日に遊びに来てくださったり私もむしろ有難いものでした。
やはり実家が遠くて心細かったり手が足りない時も親切にして頂けて感謝しています。

 

しかしある日にフルーツのお土産を持って来てくださり、温かいお茶を出しておもてなしをしました。
お姑さんの為の足をのせる高めのクッションを押入れで探しているとキッチンから声をかけられました。
「冷蔵庫にある、もずく酢は余っていたら貰えないかねぇ?」と。
正直なところ、お姑さんが嫌なわけではないのですが
使いきれない調味料がごろごろありますし昨晩の余りものをラップだけして簡単に置いてたりするので匂いもあります。
そんな生活感だらけの冷蔵庫を家族以外の方に開けて見られるのは恥ずかしいという考えがあるので慌てて「お義母さんは座っていてください」とキッチンから遠避けました。
お姑さんも悪気はなく、冷たいお茶が飲みたくなり手が空いてない私の様子を見て自分で冷蔵庫を開けたのだそうでした。
そして偶然見つけた1つだけ残っているもずく酢を食べたくなったらしいのです。
角が立たないようにお姑さんに冷蔵庫を見られるのが恥ずかしい事を素直に打ち明けたら分かって頂けて何事もなくその日は終わりました。

 

そんな出来事を忘れかけていた頃、お姑さんの家に主人と共に食事に呼ばれました。
玄関の脇に大きな荷物があるのは見えていてお水のボトルもむき出しだったのでウォーターサーバー買ったんだ、とすぐ気が付きました。

 

すると食後にお舅さんから気持ちからの贈り物だと言って、そのウォーターサーバーをもらい受ける事になりました。
突然の事だったのでその場は遠慮してしまいました。

 

実は少し前に主人と私の結婚記念日だったのです。
お舅さん方が覚えて下さっていてお祝いとしてウォーターサーバーを買って下さっていたのです。
お姑さんが以前にあった出来事を気にかけていたと説明をしてくれて「良ければ使って」と私の背中をさすった途端に感動して私は涙が溢れてしまいました。

 

インターネットに精通しているわけでもないのにウォーターサーバーという洒落たプレゼントの発想もどこから来たかは分からないです。
きっと人に聞いたり夫婦で相談して行き着いたのだと想像するだけで未だに涙ぐみます。
生活を豊かにする嗜好品なので買ったらやはり自分たちで使いたいですよね。
それをこうしてお祝いの品として下さるというのは言わずもがなお姑夫婦の愛情です。
小さな事がきっかけではありましたがこうして可愛がってもらえている事がとても嬉しくて胸いっぱいです。

 

今まで通り、お姑さんが訪れて寛いでいると唐突に「リビングに置いてくれてありがとうね」と言われました。
すぐにウォーターサーバーの事だと気付いて私も「感謝の気持ちで一杯です」と返すと二人でにっこり笑顔になりました。
お薬を飲む白湯もお茶用のお湯もお冷もウォーターサーバーがあれば手間いらずで出来てしまうので私もお姑さんも自由度が増して便利に使っています。
お水も美味しいし、これから生まれてくる子のミルク作りでもばっちり使えそうです。

 

こうやってお互いを尊重して思いやりを持てる家族に恵まれて本当に良かったです。
私もお姑さんを見習い、感謝の気持ちを込めて実家にウォーターサーバーをプレゼントしてみようかなと考え中です。

 

ところで、パソコンを使ってインターネットでウォーターサーバーを検索してみると予想をはるかに超えて種類やレンタル出来るメーカーが多いのです。
値段も手頃になっていて何を基準に探せば良いのか贅沢にも迷ってしまいます。
これだけ数ある物から選んだのってお姑さんの愛は深いですね。
改めて実感しました。
素敵な外観もいいけれど、お湯の温度や掛かる電気代もそれぞれで違うようなのでじっくり検討してみようと思います。

 

私にとってのウォーターサーバーは便利なだけでなく、自慢のお姑夫婦の最高の思い出の贈り物でした。

続きを読む≫ 2016/02/16 23:49:16

私は育児のブログを書いてネット上でよくやりとりしているママ友がいます。
そして我が子の運動会についてブログを書いたところ、コメント欄で面白い話を聞きました。

 

そのママさんは、5人の子供と夫婦の賑やかファミリーで小学生の子が4人だそうです。
4人とも同じ小学校で行事ももちろん同じ日付けで行いますよね。
授業参観になると学校を歩き回って上の階へ行ったり、下の階へ行ったりクラスも勘違いしてしまう事があるそうです。
運動会ともなればお弁当作りにかなり気合が入ると思います。

 

しかしまず問題になるのが運動会の朝、子供に持たせる水筒。
高学年の子にはそのまま凍らせたペットボトルのお茶を持たせるのだそうです。
低学年の子には水筒で小分けにして入れてあげているとおっしゃっていました。
確かに人数分のペットボトルを冷凍庫に置くとかなりのスペースが必要になりますからなるべくそれは避けたいところです。

 

更にお昼に新しくお茶を持って行きご飯中に皆で飲む分も余分に作らなければいけませんし、
ジャグに水道水と氷とお茶パックを放り込んで作って行った時に氷がすでに溶けてしまっていたりして「あちゃー」となったりした失敗談も聞けました。

 

イベントや行事が続いたり夏場の水分補給が必要な毎日となると、冷蔵庫の圧迫だけでてんてこまいになっちゃいます。
大きいものばかりが冷蔵庫を占めると整理もしづらくなってしまいますし、皆のお弁当のために買ってきた食材とおやつと夕飯用と翌日の朝食の…とたくさんあると思うのです。
人数が人数なだけに使えば一気にスペースが空きます。
バタバタした後に片付けて初めて、使おうと思っていたものが埋もれて隠れて今頃発見…って事が私にもありました。

 

かと言ってパンパンにならないようにスーパーで逐一お弁当用の買い出し、夕飯用の買い出しっていうのも毎日続けるのって大変ですよね。
そこで私だったらどうするか自分なりに考えてみました。
既に書いてありますが、冷蔵庫の中身に注目してみました。
そうすると浮き彫りになってくるのが冷凍庫にまで侵入してくるペットボトルでした。
私の考えを煮詰めていくと「お茶もスポーツドリンクもお水から作れるからお水があればいいんじゃないかな」という結論に至りました。

 

そして「ウォーターサーバーがあったら便利ですね」と提案のお返事をするとあちらのママさんも後日しっかりと調べてウォーターサーバーをレンタルしてみたそうです。

 

「運動会は終わってしまいましたが水は美味しいし毎日凄く楽になりました」との事でした。
その方のブログで取り上げられていて写真も載っていました。
今時のウォーターサーバーはレンタルでも丸みがあったり可愛いパステルな色使いがあるものですね。
驚きました。

 

食事中にすぐ注げるようにリビングに置いているみたいです。
私の家でもウォーターサーバーはリビングに設置しています。

 

お茶もそうですし、粉末のレモネードやポカリを買い置きしてウォーターサーバーだけで作れるようにしたら冷蔵庫の圧迫がもっと解消されると思います。
牛乳なんかはさすがに水から作るのは無理ですけど、今度からそういうものが空いた場所に常備されるといいですね。
何より私が助言出来て良かったと思うのが、買い出しへ出る回数が減った事です。

 

飲み物はペットボトルで買うと大きくて重くて大変です。
家族が多いと無くなるのもアッという間なもので、それだけの為に買い忘れや買い足しに行くとなると案外困りものですよね。
その点ウォーターサーバーならば足りなくなっても電話一本で届けて貰えますし、
設置してしまえばいつでもキンキンの冷水とアツアツの温水が使えてしまうのが便利です。

 

ウォーターサーバーって意外と知られていないのでしょうか。
周りのママ友のお宅にお邪魔すると導入していらっしゃるので結構普及しているものと思っていました。
私もブログを見るようになってからウォーターサーバーを知ったのでこうして誰かの手助けになると嬉しく感じます。
チラシを見ても分からない事があると最初の一歩が不安ですよね。
けれどお試し期間も用意してくれているので気楽ですよ。

 

そう言えば、書いていて思い出したのですが大分昔の話にさかのぼります。
私が一人暮らしで貧乏生活を送っていた時期に、格安の賃貸アパートのすぐ下にすべて100円の自動販売機が置いてありました。
錆びてたり剥げていたりぼろぼろになったのが見てとれるほど年季の入った機械でした。
私は仕事帰りで自分へのご褒美としてごく稀にそこのアイスココアを買っていたのです。
その時もいつものように購入しました。

 

出てきて沈殿しないように振ったらカタカタと飲み物では中々聞けない違和感のある音が鳴ったのです。
私は不思議に思ってプルタブを開けて恐る恐る傾けましたが一向に中身は流れてきません。

 

部屋に帰って割りばしか何かでほじってみたら、すっかり固形になっていました。
なんとも言えない気持ちで中身を洗って仕分けして容器を捨てたのを今でも覚えています。

 

そんな事を思い出しながらウォーターサーバーの温水でココアを溶かして飲んでいます。
これがあれば自分で飲みたいものを飲みたい分だけアイスかホットで作れますし、安心面でも労力的にもやっぱりウォーターサーバーがお勧めだと思います。

 

続きを読む≫ 2016/02/16 23:48:16